« 映画 ホタルノヒカリ | トップページ | 黒井 健 原画展 »

衣類乾燥機

「入院中に使っていた、病棟の患者用の乾燥機がほしい」

そんなことを言われるので、さっそく実態を調査してみた。

現在使用しているのは縦型乾燥機能付きの洗濯機。乾燥はできるのはできるのだが、しわしわになって使い物にならない。

じゃあ、横型やななめドラムならいいのかって言ったら、これがまた非常に長時間かかってどうなのかと。例のご所望の乾燥機なら、1時間もあればカラカラになるからなぁ。

つまり、昔ながらの「乾燥機専用」のを買えばいいのかと思って、とりあえず調べてみた。現行機種だと日立はDE-N45FXとかか。しかし、この商品説明には、どれくらいの乾燥時間かが書いていない。コースを見ると60分で乾くのではないかという勘違いさえ与えるボタン付き。説明書がダウンロードできるので見てみると、なんと、ソックス4足で、75分!

20120720_220213

名誉のために、これは日立に限った仕様ではなくて、パナソニックでもNH-D402P説明書は同様。

20120720_220553

ぢゃあ、あの強力な乾燥機っていうのは何者なのかって検索をしてみると、まず引っかかってくるのは「ガス乾燥機」。業務用っていうのがいくつかあるのだけど、家庭用は現在はリンナイのRDT-30Aなど。乾燥時間は堂々とホームページでも紹介されていて

Laundry_point0302

思ったとおりの抜群の乾燥力。これなのかなぁと思いつつ見てみるのだが、なんせ設置がめんどくさい。それにガスなのでそれなりの注意が必要だし。

一体全体、小さなホテルや宿舎や、アパートとかに設置してあるあのコイン乾燥機ってなんなのだろうと。

検索に行き詰っても、日を改めて検索すると、なぜか見つかることがあって、どうやら探していたものは、

02_01_cds45c1_w

なんと、サンヨーから出ていたコインランドリー用の乾燥機らしいことがわかった。すでに三洋はパナソニックに吸収されて、パナソニックのホームページにはそれらしき後継機種は存在しない。問い合わせてみると、ハイアールアクアという会社で継続しているらしいことが分かった。さっそくホームページを見てみると、あるじゃないか!MCD-CK45

B1174_2

電気式の乾燥機にもかかわらず、乾燥時間は1時間以内

20120720_222745 

これは買いだろうか?

ていうか、同じ電気式の乾燥機なのに、いったい何が違うのか。そう、湿気・水分の処理の仕方が違うらしい。

家庭用の乾燥機は、湿気を外に出さないような工夫が何かされているらしくて、そのせいで時間もかかるし最終的に乾きにくいようだ。ガスは煙突があるのでそこから一緒に排気しているらしい。そして業務用の電気式衣類乾燥機は、背面(あるいはダクト)からぼんぼん排気するらしい。だから室内に置いた場合、猛烈な湿気と高温になるので窓を開けたり換気が必須となる。もっとも、背面のダクトをうまく窓等に設置したらいいのかもしれないけど、どんなものか下調べがもう少し必要だ。

ちなみに、最近のドラム式の洗濯乾燥機などは、乾燥については説明書にもどのくらいの時間でできるとかできないとか書いてさえいない。コースでは1時間から4時間とかなってるだけで。まあ、夜とかに洗濯機を回して朝まで放っておいたらいいというわけかもしれないけど、年輩のライフスタイルじゃあないかなと。

|

« 映画 ホタルノヒカリ | トップページ | 黒井 健 原画展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74207/55240713

この記事へのトラックバック一覧です: 衣類乾燥機:

« 映画 ホタルノヒカリ | トップページ | 黒井 健 原画展 »